FC2ブログ

男声合唱団 K.B.SINGERS'

男声合唱団 K.B.SINGERS'のサイトです。メンバー募集中!

棟方志功の思い出

 展示してある棟方志功の版画が実はカラーコピーだった!
というニュースを見て、小生の数少ない旧知の芸術家の一人が
棟方志功先生であると思い出した。
(と言ってもお友達だったわけではないが。)

 棟方志功の没年は昭和50年だから、カラーコピーは無い。
 おそらくここ10年以内くらいに窃盗団に盗まれて、その時に
すり替えられたのだろう。ご愁傷様。

 小生は以前にもブログで述べた通り、幼少の頃は絵画や
版画などには全く興味が無かったのであるが、父親が極度の
絵画・版画マニアであったため、何となく絵画・版画・イラスト等々
の絵が幼少の頃から脳みそにすり込まれている感じがする。
長尾みのるなんかもそうだ。

 中でも棟方志功の版画のインパクトが最も強いかも
しれない。何しろ版画の絵を無意識に毎日見ていたのだ。

 小学生の頃、自宅のトイレの壁に掛けてあった安川電機の
カレンダーの絵が棟方志功の版画だった。
 何となく暗くて、何となくインパクトが強い版画で、
その版画の絵に出てくる人々の表情が怖くて、夢に出てきそうな
感じがした。正直な話、大嫌いなカレンダーだった。
 また、ナーバスな子供だったので、汚い字に嫌悪感を
持っていて、毛筆体のカレンダーの日付の数字が雑に思えて
それも嫌だった。
(今でもそうかも。だいたい仕事で喧嘩する相手の野郎は
字が汚い場合が多い。)

 棟方志功の版画のみならず、子供の頃はピカソをはじめと
する抽象画が汚く思えて何となく嫌いであった。
 が、物心がついてからはそうでもない。

 特にただ綺麗な絵よりも共感できるし、見ていて心地よい
感じがする。

 昨日久々に実家のトイレに入ったが、今でも棟方志功の
カレンダーが貼ってあったのには驚いた。今あらためて
見てみると、何となく親近感が湧いてくる気がするから
不思議だ。

 窃盗のニュースはある意味しょーもないニュースだが、
ニュースを契機に偉人や名作が思い出せればそれも
なかなか有意義かもしれない。

スポンサーサイト



その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |